相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士  埼玉司法書士会東松山支部 田中司法書士事務所 にお任せください。

東松山市 吉見町 川島町 滑川町 小川町 嵐山町 鳩山町 川越市 坂戸市 熊谷市 鴻巣市 桶川市 北本市等を中心に相続問題解決のお手伝いをしています。

相続問題解決.com | 田中司法書士事務所 田中司法書士事務所
 相続問題解決.com トップ
 相続の基礎知識
 お役立ち情報
  相続の基礎知識
   ├ 相続人する権利がある者
   ├ 具体的相続分
   ├ 相続分の修正
   ├ 相続の承認・放棄
   └ 遺留分
  土地・建物の相続と登記手続
   ├ 登記とは何か
   ├ 放っておくと大変なことに
   ├ 名義変更に必要な書類
   └ 相続登記の質問事例集
  遺言について
   ├ 遺言をするべき方
   ├ 遺言の基礎知識
   ├ 遺言の方法
   ├ 遺言書を発見したら
   ├ 遺言書無料サンプル
   └ 遺言の質問事例集
  相続手続の流れ
  遺産分割について
  相続と税金
  相続用語集
 当事務所からのご案内
  サービス案内・料金体系
  FAQ(よくあるご質問)
  事務所情報
  お問い合わせ
 相続問題解決.com を
 司法書士相続無料相談受付中!
電話での相談をご希望の方
平日 8:30 から 18:00 までの受付時間内にお電話下さい。
電話 0493−59−8590

メールでの相談をご希望の方
メールフォームでの相談は24時間受け付けております。
司法書士へのEメールはこちら

面談での相談をご希望の方
お電話又はEメールで司法書士との面談予約をお願いします。
電話 0493−59−8590

司法書士へのEメールはこちら
 相続問題解決.com主要エリア
【埼玉県】さいたま市 川口 鳩ヶ谷 蕨 戸田 上尾 桶川 北本 鴻巣 伊奈 川越 所沢 狭山 入間 富士見 新座 志木 朝霞 和光 ふじみ野 三芳 坂戸 鶴ヶ島 飯能 日高 毛呂山 越生 東松山 滑川 嵐山 小川 川島 吉見 鳩山 ときがわ 東秩父 越谷 草加 春日部 三郷 八潮 吉川 松伏 久喜 蓮田 幸手 行田 加須 羽生 騎西 北川辺 大利根 宮代 白岡 菖蒲 栗橋 鷲宮 杉戸 熊谷 深谷 寄居 本庄 美里 神川 上里 秩父 横瀬 皆野 長瀞 小鹿野  
上記地域外、埼玉県外のお客様もお気軽にご相談ください。全国対応可能です。

相続問題に特化した司法書士が直接、ご相談に乗らせて頂きます。
田中司法書士事務所運営サイト
田中司法書士事務所オフィシャル
相続問題解決.com
リンクサイト

 相続の承認・放棄
相続は、被相続人の死亡と同時に開始し、これにより被相続人の有した一切の権利義務は、当然に相続人に帰属することとなりますが、一方で、相続人にはこれを承認するか拒絶するかを選択する自由が与えられており、これには、次の3つの態様があります。

(1)単純承認
相続人が被相続人の権利義務を無限に承継する形態あるいはこれを承認する相続人の意思表示のことです。これにより、たとえば相続財産に含まれる借金などの債務がプラスの財産を超える場合でも、相続人は自分の財産によって弁済する責任を負うことになります。
単純承認は、民法の予定する基本形態ですから、相続人の側が何もしなければ、原則として単純承認の形態になりますが、相続人が自己が相続人となっていることを知りながら次のような行為をすると、その意思にかかわらず、単純承認したものとみなされます。

・相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき(保存行為を除く)
・相続人であることを知った時から3ヶ月内に限定承認や放棄の手続をしないとき
・限定承認や放棄をした場合でも、相続財産の全部または一部を隠したり、勝手に消費したり、相続財産であることを知りながら財産目録に記載しなかったりしたとき

(2)限定承認
限定承認とは、相続の承認の一種ではありますが、相続によって取得することになったプラスの財産の範囲で、被相続人の債務や遺贈を弁済すればよいという形態のものです。限定承認は、被相続人に多大な借金があるときや、プラスの財産やマイナスの財産がどれ位あるのか明らかではないときには非常に有効な手段であるといえますが、債権者等に与える影響を考慮して、一定の手続が要求されます。

・自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月内に、財産目録を作成してこれを家庭裁判所に提出し、限定承認する旨の申し出をしなければならない
・相続人が複数いるときは、共同相続人の全員が限定承認しなければならない(ただし、相続の放棄をした者は含まない)
・限定承認した者は、限定承認をした5日以内に、相続債権者および受遺者に対して限定承認したことおよび一定の期間内に請求するように公告しなければならない

(3)相続放棄
相続の放棄とは、いったん生じた相続の効力を、相続の開始の時にさかのぼって確定的に消滅させる相続人の意思表示をいいます。これによって、その者は、法律上は初めから相続人でなかったものとして扱われることになり、プラスの財産はもちろん、借金などのマイナスの財産も承継することはありません。相続の放棄については、限定承認の場合と異なり、各相続人が単独ですることができ、財産目録の作成などは必要ありませんが、自分が相続人となっていることを知った時から3ヶ月内に家庭裁判所に対して申し出をして、これを受理する審判が下されることが要件となります。

(4)熟慮期間について
相続の承認・放棄の選択は、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に行うことが原則です。通常の場合であれば、被相続人が死亡した時になるでしょう。
しかし、被相続人が負っている債務の調査などに時間がかかる場合や、財産の所在が遠隔地であったりする場合には、調査自体が3ヵ月以上掛かってしまうこともあります。このような場合、利害関係人は家庭裁判所に対してこの期間を伸長するように請求することができます。
なお、熟慮期間は、相続人が相続開始の事実を知り、かつ、そのために自分が相続人となったことを知った時から起算することとされており、相続人が相続財産は全くないと信じていたことに理由があるときは、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時から起算されます。


(5)相続の限定承認・相続の放棄の取消し
民法919条によりますと、相続の承認及び放棄は、熟慮期間内であっても撤回することはできないと規定されています。一方で、民法915条2項では、民法総則編及び親族編の規定による取消しを妨げないと規定されています。
このことは、つまり、一度相続の限定承認や相続放棄をしてしまうと、その者の自由な意思表示で限定承認や放棄を撤回することができないものの、下記のような場合には限定承認及び相続放棄を取り消すことができるということを意味しています。

・未成年者が法定代理人の同意を得ずにした場合
・成年被後見人が自分でした場合
・被保佐人が保佐人の同意を得ずにした場合
・詐欺や強迫によってした場合
・後見監督人がある場合に、後見人が同意を得ずにした場合
など

ただし、上記に該当する場合でも、その取消権は追認をすることができる時から6ヶ月間行使しなかったり、限定承認等をしてから10年経過してしまうと、取消しができなくなりますので、ご注意ください。



相続開始から3ヶ月以上経過していても、状況によっては家庭裁判所に相続の放棄を認めてもらえる場合もあります。
借金の相続でお困りの方、是非一度、当事務所までご相談ください。




 相続についてもっと知りたい方は   こちら からお問い合わせください


相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士  Copyright(C) 田中司法書士事務所 All RightsReserved.