相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士  埼玉司法書士会 東松山支部 田中司法書士事務所 にお任せください。

東松山市 吉見町 川島町 滑川町 小川町 嵐山町 鳩山町 ときがわ町 川越市 坂戸市 熊谷市 鴻巣市 桶川市 北本市等を中心に相続問題解決のお手伝いをしています。

相続問題解決.com | 田中司法書士事務所 田中司法書士事務所
 相続問題解決.com トップ
 遺言について
 お役立ち情報
  相続の基礎知識
   ├ 相続人する権利がある者
   ├ 具体的相続分
   ├ 相続分の修正
   ├ 相続の承認・放棄
   └ 遺留分
  土地・建物の相続と登記手続
   ├ 登記とは何か
   ├ 放っておくと大変なことに
   ├ 名義変更に必要な書類
   └ 相続登記の質問事例集
  遺言について
   ├ 遺言をするべき方
   ├ 遺言の基礎知識
   ├ 遺言の方法
   ├ 遺言書を発見したら
   ├ 遺言書無料サンプル
   └ 遺言の質問事例集
  相続手続の流れ
  遺産分割について
  相続と税金
  相続用語集
 当事務所からのご案内
  サービス案内・料金体系
  FAQ(よくあるご質問)
  事務所情報
  お問い合わせ
 相続問題解決.com を
 司法書士相続無料相談受付中!
電話での相談をご希望の方
平日 8:30 から 18:00 までの受付時間内にお電話下さい。
電話 0493−59−8590

メールでの相談をご希望の方
メールフォームでの相談は24時間受け付けております。
司法書士へのEメールはこちら

面談での相談をご希望の方
お電話又はEメールで司法書士との面談予約をお願いします。
電話 0493−59−8590

司法書士へのEメールはこちら
 相続問題解決.com主要エリア
【埼玉県】さいたま市 川口 鳩ヶ谷 蕨 戸田 上尾 桶川 北本 鴻巣 伊奈 川越 所沢 狭山 入間 富士見 新座 志木 朝霞 和光 ふじみ野 三芳 坂戸 鶴ヶ島 飯能 日高 毛呂山 越生 東松山 滑川 嵐山 小川 川島 吉見 鳩山 ときがわ 東秩父 越谷 草加 春日部 三郷 八潮 吉川 松伏 久喜 蓮田 幸手 行田 加須 羽生 騎西 北川辺 大利根 宮代 白岡 菖蒲 栗橋 鷲宮 杉戸 熊谷 深谷 寄居 本庄 美里 神川 上里 秩父 横瀬 皆野 長瀞 小鹿野  
上記地域外、埼玉県外のお客様もお気軽にご相談ください。全国対応可能です。

相続問題に特化した司法書士が直接、ご相談に乗らせて頂きます。
田中司法書士事務所運営サイト
田中司法書士事務所オフィシャル
相続問題解決.com
リンクサイト

 遺言書を発見したら
故人が生前に遺した遺言書を発見したら,相続人としては次の点に注意して遺言を保管するようにして下さい。
  • 遺言に封印がある場合、第三者の立会いがあっても開封しないこと。
  • 紛失・汚損・破損を避けるため、金庫等に保管すること。
  • 検認手続が必要となる可能性があるので、専門家に相談すること。

遺言書の検認手続とは
民法の規定によれば,公正証書遺言の方式以外の方式によって作成された遺言書は,遺言書の保管を委任された者や故人の相続人が遅滞なく家庭裁判所に遺言書の検認を申し立てなければならないとされています。

遺言の検認手続とは,遺言書が真に故人によって作成された物であるかどうかを確かめ,利害関係人にその内容を知らせ,遺言の偽造や変造を防止するとともにその保存を確実にするための手続です。したがって,遺言の検認手続を受けたからといって,たとえばその遺言の内容が正しいと判断されたり,遺言が有効であるということを裁判所が保証してくれる,というわけではありません。

逆に,検認手続を経ないからといって遺言自体が無効になるわけではありませんが,たとえば不動産に関する遺言が自筆証書等の方法でなされていたものであれば,この検認手続を経なければ登記所はその遺言書に基づく登記手続を進めてくれませんから,事実上,遺言書の検認は不可欠であるといえるでしょう。また,民法の規定では,上述のとおり相続人等に検認の義務を課しており,これを怠り遺言を執行したり,遺言書を開封すると過料に処せられることがありますので注意してください。

遺言の検認の申し立ては,相続の開始地(遺言者の住所地)を管轄する家庭裁判所へ提出することになっています。申し立て自体は家庭裁判所に直接出向いて行うことも,郵送によることも可能ですが,申し立てに当たっては最低限次の書類を用意する必要があります。

 ・被相続人の除斥謄本
 ・相続人の戸籍謄本
 ・遺言書(但し,郵送により申立てる場合,原本を同封しないこと)

遺言書の検認の申し立てをすると,家庭裁判所では添付書類を確認した上で,期日を定め,相続人全員を家庭裁判所に呼び出します。この期日は申し立ての何日後,と決められているものではなく,裁判所の事務の混雑具合等でまちまちですが,おおむね1ヶ月後位になることが多いようです。

家庭裁判所によって指定された期日には,原則として全ての相続人がその家庭裁判所に出向き,その面前で遺言書が開封され,その内容が知らされることになります(相続人中にどうしても裁判所に出向くことができない事情がある者がいる場合,家庭裁判所に相談してください)。もっとも,先にも述べたとおり,遺言の検認手続自体は法的効力云々についてお墨付きを与えるという趣旨で行われるものではありませんので,例え遺言書にどんな内容が書かれていようとも,必ずしもその内容どおりに遺言の執行が可能ということではありませんので注意してください。

例えば,ある相続人にある遺産を遺贈するという内容の遺言であっても,それが他の相続人の遺留分を侵害するものであれば,遺留分減殺請求の対象となりますし,遺言に書かれた事項が不明確で,その記載からだけでは遺言者の真意が読み取りきれないということになれば,その遺言書に基づいて遺言を執行することはできません。


 なお,本来的には遺言書に基づいて遺言の執行をすることが可能であるにもかかわらず,他の相続人がなかなか遺言執行に協力してくれないというような場合,利害関係人は家庭裁判所に遺言執行者の選任の申し立てをすることで,協力をしてくれない相続人に代わって遺言の執行をしてもらうことが可能となります。


 遺言についてもっと知りたい方は   こちら からお問い合わせください

相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士 埼玉司法書士会東松山支部  Copyright(C) 田中司法書士事務所 All RightsReserved.