相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士  埼玉司法書士会東松山支部 田中司法書士事務所 にお任せください。

東松山市 吉見町 川島町 滑川町 小川町 嵐山町 鳩山町 川越市 坂戸市 熊谷市 鴻巣市 桶川市 北本市等を中心に相続問題解決のお手伝いをしています。

田中司法書士事務所
 相続問題解決.com トップ
 当事務所からのご案内
 お役立ち情報
  相続の基礎知識
   ├ 相続人する権利がある者
   ├ 具体的相続分
   ├ 相続分の修正
   ├ 相続の承認・放棄
   └ 遺留分
  土地・建物の相続と登記手続
   ├ 登記とは何か
   ├ 放っておくと大変なことに
   ├ 名義変更に必要な書類
   └ 相続登記の質問事例集
  遺言について
   ├ 遺言をするべき方
   ├ 遺言の基礎知識
   ├ 遺言の方法
   ├ 遺言書を発見したら
   ├ 遺言書無料サンプル
   └ 遺言の質問事例集
  相続手続の流れ
  遺産分割について
  相続と税金
  相続用語集
 当事務所からのご案内
  サービス案内・料金体系
  FAQ(よくあるご質問)
  事務所情報
  お問い合わせ
 相続問題解決.com を
 司法書士相続無料相談受付中!
電話での相談をご希望の方
平日 8:30 から 18:00 までの受付時間内にお電話下さい。
電話 0493−59−8590

メールでの相談をご希望の方
メールフォームでの相談は24時間受け付けております。
司法書士へのEメールはこちら

面談での相談をご希望の方
お電話又はEメールで司法書士との面談予約をお願いします。
電話 0493−59−8590

司法書士へのEメールはこちら
 相続問題解決.com主要エリア
【埼玉県】さいたま市 川口 鳩ヶ谷 蕨 戸田 上尾 桶川 北本 鴻巣 伊奈 川越 所沢 狭山 入間 富士見 新座 志木 朝霞 和光 ふじみ野 三芳 坂戸 鶴ヶ島 飯能 日高 毛呂山 越生 東松山 滑川 嵐山 小川 川島 吉見 鳩山 ときがわ 東秩父 越谷 草加 春日部 三郷 八潮 吉川 松伏 久喜 蓮田 幸手 行田 加須 羽生 騎西 北川辺 大利根 宮代 白岡 菖蒲 栗橋 鷲宮 杉戸 熊谷 深谷 寄居 本庄 美里 神川 上里 秩父 横瀬 皆野 長瀞 小鹿野  
上記地域外、埼玉県外のお客様もお気軽にご相談ください。全国対応可能です。

相続問題に特化した司法書士が直接、ご相談に乗らせて頂きます。
田中司法書士事務所運営サイト
田中司法書士事務所オフィシャル
相続問題解決.com
リンクサイト

 FAQ(よくあるご質問)

遠方からの依頼でも引き受けてくれるのですか?
もちろん、お引受けします。
当事務所では、インターネット等を利用した手続を積極的に導入しておりますので、遠隔地からのご依頼や遠方の不動産の名義変更などでも、まったく問題ありません。

直接、お会いして相談できますか?
もちろん、面談によるご相談も大歓迎です。
相続に関する問題は、個々の事案により様々ですから、直接お会いしてお話をお伺いした方が、より事案に即したお答えができることがあります。
まずは直接お電話いただくか、専用のお申込みフォームに必要事項をご入力いただき、面談のご予約をお願いします。
なお、お申込みフォームへはこちらからお入りください。


相続に関する相談は無料でお受けいただけますか?
当事務所では、相続に関するご相談はすべて無料で承っています。
埼玉県内の近隣の市町村にお住まいであれば、出張相談も無料にて承っております。
お気軽にご相談ください。
なお、メール等によるご相談をご希望のお客様はこちらからお入りください。

相続登記の依頼はどのようにすればよいですか?
まずは直接お電話いただくか、専用のお申込みフォームに必要事項をご入力いただき、送信してください。
その後、当事務所からご連絡を差し上げ、手続についてご説明をさせて頂きます。
なお、お申込みフォームへはこちらからお入りください。

依頼に先立ち、こちらで予め用意しておく書類などはありますか?
手続に必要な戸籍謄本や住民票などの諸証明書は当事務所にて代行取得が可能ですので、予めお客様がご用意下さらなくても差し支えはありません。
もっとも、戸籍等の代行取得の際の資料として、お亡くなりになった方の除籍謄本、住民票の除票などを予めお取り置きいただくと、その後の処理が早まります。
また、ご相談の段階で、戸籍などの諸証明書や権利証などをお手元にご用意いただきますと、お話がスムーズに進みます。

2代前からずっと相続登記をせずに放りっぱなしなのですが、相続登記はできますか?
手続き的には何の問題もなく相続登記が可能です。
ただし、遺産分割協議が必要となるケースでは、相続人の人数自体が非常に多くなり、遺産分割協議が調わないなどの可能性は高まります。

4人の相続人のうち、一人だけが遺産分割に反対していますが、賛成している三人については相続登記をしておくことができますか?
法定相続分どおりの相続であれば可能ですが、それと異なる割合等により登記をするのであれば、賛成している三人についても、相続登記をすることはできません。遺産分割協議は一部の者を除外してすることはできないためです。

相続による不動産の名義変更手続(相続登記)はどのくらいの時間がかかりますか??
概ね1ヶ月程度で名義変更が可能です。
ただし、遺産分割協議書の調印に時間が掛かったり、転籍を繰り返していたなどの理由により被相続人の戸籍等が多岐にわたる場合、多少余計に時間が掛かる場合もあります。

相続する不動産に大昔の抵当権が付いているようです。抹消できますか?
可能です。
明治時代や大正時代など、古い時代に登記されて現在も残っている抵当権は「休眠担保権」と呼ばれています。この休眠担保権は、債権者(行方不明であっても構いません)に対する催告や被担保債権に利息損害金を加えた額(通常は数百円のレベルです)を供託する等の手続を経ることによって抹消手続が可能です
ただし、これら休眠担保権の抹消登記手続は通常の抵当権抹消登記とは異なり、高度な知識や経験が必要となりますので、該当される方は一度専門家にご相談ください。


相続税の申告等が必要な場合、税理士さん等のご紹介もしていただけますか?
可能です。
当事務所では、各種相続手続を円滑に進めるためにも、信頼できる税理士、会計士、弁護士、土地家屋調査士、社会保険労務士行政書士等と提携させていただいております。ご依頼の中で、その必要性等があると判断される場合には、ご要望に応じ各種専門家をご紹介いたします。もちろん、ご紹介料などは一切発生しません。

自分の亡き後、知的障害のある子供の財産管理などが心配です。成年後見人などもお引受けいただけますか?
責任を持ってお引受けします。
ただし、成年後見人をお引受けするに当たっては、諸般の事情を考慮し、お引受けすることがご本人様やご家族様の利益となるか否かを検討し、判断させて頂きます。

自分の亡き後、遺言がきちんと遺言どおりになされるか心配です。遺言執行者をお引受けいただけますか?
責任を持ってお引受けします。
遺言の作成や御検討の際、遺言の執行についてご心配がございましたら、お気軽にご相談ください。



 相続問題についてもっと知りたい方は   こちら からお問い合わせください

相続登記・遺産分割・遺言などの相続問題に強い埼玉県の司法書士  Copyright(C) 田中司法書士事務所 All RightsReserved.